Google AdSenseに合格するために気をつけていた4つのポイント

Google アドセンス



こんにちは!annacomです。

 

今回は、「Google AdSenseに合格するために記事作成で私が気をつけていたポイント」ついて解説します。

 

先日Google AdSenseに申請してみたところ、ありがたいことに1回で合格しました!

 

まだ公開している記事が20記事もないスタートしたばかりのサイトでも、合格する可能性は十分あるようです。

 

せっかくサイトやブログを運営するなら、収益化できたほうがいいですよね。

 

稼げる稼げないは抜きにして、「ユーザーに有益な情報を発信できている」というひとつの指標になるのではないかなと思います。

 

ブログを始めようか迷っている人や何度も申請しているのに合格しないという人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

Google  AdSenseに合格するために記事作成で気をつけたい3つのポイント

気をつけたいポイント

 Google  AdSenseに申請するには、いくつかの設定などが必要ですが、本記事では解説していません。

 

この記事では、その前段階の記事を執筆するうえで気をつけたいポイントについて解説します。

 

はてなブログでGoogle AdSenseに申請する方法については、また次回ご紹介していきますね。

 

ポイント① 毎日投稿じゃなくてもいいから内容のある記事を書く

ブログ投稿

Google  AdSenseに合格するには、記事の質が重要になってきます。

 

読者が知りたいこと、困っていることを解決できるような記事を書かなくてはなりません。

 

私の場合は、

 

  • ズボラな人でも続けやすいダイエットはないのか?
  • 快適な生活ができるような便利なグッズについて知りたい

 

など、自分のようにズボラな性格の人でもできるようなダイエットや美容、グッズなどを実際に試してみて、その結果をご紹介しています。

 

ブログを見てくれた人たちの役に少しでも立てればという気持ちで書いています。

 

本当なら毎日記事を書けた方が当然アクセスは伸びますし、アドセンスの審査にもプラスになるでしょう。

 

しかし、記事の数だけにこだわるばかりに、記事の質が悪くなってしまっては意味がありません。

 

なので、全然記事が書けないと焦っている人は心配しなくてもいいと思います。

 

私の場合でいえば、週1や2しか記事を作成できていません。

 

それでもGoogle AdSense合格を果たしました。

 

記事の頻度について悩んでいる人は、まずはじっくり1記事を作成してみてはいかがでしょうか。

 

ポイント②半年以上は継続すること

継続する

アクセスが全然なくても、記事が1ヶ月に数記事しか書けなくても、とにかく書き続けてみましょう。

 

記事を公開すれば、誰でもその記事を見ることができます。

 

しかし、記事をアップしてからGoogleの検索に上がるまでは、数ヶ月のタイムラグがあります。

 

記事を作成したからといって、すぐにGoogle検索からの流入は見込めません

 

ブログを始めてから毎日頑張って記事を作成し、20記事、30記事とたくさん公開しても、すぐに検索結果に反映されることはまずないと思ってください。

 

ブログを始める人は多いですが、最初のうちはなかなかアクセス数が伸びず、半年もたたずにやめてしまう人が結構います。

 

しかし、せっかくがんばって作ったサイトをここでやめてはもったいないですよ。

 

公開した記事は、4ヶ月〜半年程度経った頃から徐々に検索に上がるようになります。

 

なので、一度始めたらs最低でも半年はがんばって続けましょう。

 

私も最初はなかなかアクセス数が伸びませんでした。

 

しかし、5ヶ月が過ぎたころから徐々にGoogle検索からの流入が増えてきましたよ。

 

立ち上げ直後からアクセス数を伸ばしたい人はSNSの活用を

SNS

サイトを立ち上げてから早くにアクセス数を伸ばしたい人は、SNSなどを活用しましょう。

 

Googleの検索には引っ掛からなくても、SNSで記事を紹介すればそこからアクセスしてもらえる可能性がありますよ。

 

ポイント③シンプルな文章を心がける

文章を読む

ブログの文章は、できるだけ簡潔でわかりやすくしましょう。

 

私もよくやってしまうのですが、文章を書こうとするとき普段の会話では使わないような難しい言葉を使おうとしてしまいます。

 

読みやすいように考えすぎて、逆にわかりにくくなってしまうパターンですね。

 

しかし、ブログは隙間時間にパッと読みたい人が多いので、読みやすさが重視されます。

 

なので、あまり難しい言葉を使っていない、パッと見て読みやすい文章の方が読まれやすいですよね。

 

また、文章が長くなりすぎるのも注意。

 

読み込むのに時間がかかりそうと思われて、途中で離脱されてしまうかもしれません。

 

ポイント④ブログは最初から独自ドメインで始める

独自ドメイン

ブログを始めるときは、最初から独自ドメインを取得しましょう。

 

私はこれで失敗しました!

 

続くかどうかわからないとき、できるなら無料で始めて継続できるか様子を見たいですよね。

 

しかし、無料で利用できるブログは、そのサイトのドメインを使用することになります。

 

Google  AdSenseは独自ドメインのブログやサイトしか申請できません。

 

そのため、無料ブログの人は独自ドメインを利用できる有料ブログへの移行とドメインの取得が必要です。

 

このブログは「はてなブログ」を使用しています。

 

はてなブログは無料でかんたんに始められて、必要になれば独自ドメインを取得して有料会員への移行が可能です。

 

スマホで下書きもできるので、隙間時間に文書を書けるのがいいなぁと思って選びました。

 

しかし、始めてからGoogle AdSenseに申請することを考えるようになり、有料会員への移行手続きが必要となりました。

 

そのほかに、Google consoleやGoogle アナティリクスの設定も変更しなければならず、結構手間でした。

 

Google consoleはブログを検索に引っ掛かるようにするのに重要なツールです。

 

しかし、無料ドメインから有料ドメインに変わることで再設定が必要となり、すべての記事が有効になるまで1ヶ月くらいかかりました。

 

無料で気軽に始められるというのはメリットですが、後々の設定などを考えると始めから有料で立ち上げたほうがよいでしょう。

 

 

ブログの収益化は誰でも目指せる

収益化を目指す

以上、Google  AdSenseに合格するために記事作成でチェックしておきたいポイントについて紹介してきました。

 

どれも簡単なことばかりですが、日々ブログを書いているとついつい忘れてしまう部分もあるかと思います。

 

Google AdSenseに合格するための明確な基準というものはないので、今回紹介したポイント以外にも重要な部分があるのかもしれません。

 

しかし少なくとも私は、今回紹介した4つのポイントに注意しながら作成したことでGoogle  AdSenseに合格できました。

 

ぜひ今回ご紹介したポイントをチェックし、Google  AdSense合格を目指しましょう!