やってきた停滞期!いつまで続く?対処法は?【糖質制限ダイエット③】

f:id:ancomna:20210213164627p:plain

こんにちは!annacomです。

 

今回も、ズボラにやってる低糖質ダイエットの経過を紹介していきます。

 

はい、タイトルからも分かる通り、今回は停滞期がやってきた話です。

 

2021年1月4日に糖質制限ダイエットを初めて、3週間で1.3キロ痩せました。

 

さらに前回の記事では、1月31日に60.75キロまで体重が減り、約1ヶ月で2.25キロ痩せました

 

前回の記事はコチラ↓

mikkabouzu-zakki-blog.hatenablog.com

 

ズボラな割にスムーズに体重が減っていますよね。

 

しかし、問題はそこからです!

 

2月1日以降全く体重が減らなくなってしまいました。

 

様子を見ていましたが、1週間が経過しても全く体重が減らなかったため、停滞期に入ったと断定しました。

 

さて、ダイエット最大の問題である停滞期ですが、

 

停滞期はいつまで続くのか?

停滞期を早く終わらせる方法はないのか?

 

という点が非常に気になりますよね。

 

そこで今回のポイントはこちら!

 

  • 停滞期はなぜやってくるのか
  • どのくらい続くのか
  • 何もしなくても停滞期から抜け出せるのか

 

今まさに停滞期で悩んでる~という方は、参考にしてみてください。

 

 

【結論】約2週間で停滞期から抜け出した兆候があった

f:id:ancomna:20210126004604p:plain



それでは、結論から見ていきましょう。

 

  • 停滞期は体に備わっている防衛機能
  • 停滞期は2週間~1ヶ月続く人が多い
  • チートデイを行わなくても現状維持で停滞期は抜け出せる

 

私の場合、2月1日から全く体重に変化がありませんでしたが、2月12日にようやく体重の減少が見られました

 

約2週間で停滞期から抜け出した兆候があったということになります。

 

その間、停滞期を抜け出すのに効果的と言われるチートデイは行いませんでした。

 

実際に、停滞期の時期はどうやって過ごしてきたのか紹介していきます。

 

2月5日~2月12日までの体重推移

まずは、2月5日~2月12日までの体重を見てください。

 

写真を撮る暇がなかったんですが、アプリで記録していました。

 

f:id:ancomna:20210213165923p:plain

 

5日~11日まで、ほとんど動きませんでした。

 

この間の生活は、先週と全く同じです。

 

食生活も、卵やささみ、ブロッコリーなどを中心に低糖質なものだけを食べていました。

 

ダイエット中の食事についてはコチラも参考にどうぞ

mikkabouzu-zakki-blog.hatenablog.com

 

停滞期だと分かってからも、食事の内容はほぼ変えていません。

 

食生活を変えていないから体重が減らないのでは?とも思いましたが、どう考えても以前のような太る食事ではないんですよ。

 

ご飯もパンも麺類も食べてませんし、お菓子も食べていません。

 

朝も青汁だけなので、実質2食しか食べてないです。

 

これで体重が変わらない(または増加する)っていうのは、食事の問題ではないじゃないですか。

 

なので、食事量を減らすのも違うし、スタイルを変えてしまうと何が正解だったか分からなくなってしまいそうだったので、ひたすら同じ生活をすることを心掛けました。

 

その結果、2月12日にようやく体重の減少が見られました。

 

本日(2月13日)の体重はまだ測定していないので、完全に停滞期を脱出できたかは分かりませんが、とりあえず変動があったのが嬉しかったです。

 

毎日変化のない体重を見ているのは、モチベーションが下がっちゃいますよね。

 

停滞期はいつから始まる?

f:id:ancomna:20210126004353p:plain

そもそも、停滞期はどうして始まるのでしょうか?

 

ダイエットについて詳しく説明している記事はたくさんあるので、ご存知の方も多いですが、簡単に言うと、停滞期とは体の防衛反応です。

 

突然体重が減ってしまうことで、人間の体は餓死状態かもしれないと危機感を覚えます。

 

この危機感を感じたときに、ホメオスタシスという機能が働き、体重を減らさないように体を省エネモードに変えてしまいます

 

これが体重が減らなくなってしまう理由です。

 

ホメオスタシスは、1ヶ月で体重が5%減ると発動すると言われています。

 

私の場合は、体重が63キロの時からダイエットしてますが、それより少し前は64キロ~65キロくらいあったときもあったので、1ヶ月でちょうど5%減ったぐらいだったんですね。

 

ダイエットを始めた多くの人が、1ヶ月経過したあたりで停滞期にぶち当たるそうです。

 

ホメオスタシスは生命維持に非常に大切な機能なので、発動してしまうのは仕方のないことです。

 

体が飢餓状態になっていないと判断すれば、自然とホメオスタシスの効果がなくなってきて、再び体重が減り始めます。

 

停滞期がどのくらい続くかと言うと、2週間~1ヶ月くらいと言われています。

 

体質によって差があるそうで、人によっては半年以上続くこともあるんだとか。

 

停滞期の何が厄介かって、このいつ終わるのかが分からないということです。

 

今回は2週間程度で抜け出した兆候が見られますが、もし半年も続いていたらとてもダイエットを続けようと思えなかったと思います。

 

しかも、停滞期はダイエット中に何度もやってくるそうです。

 

そのたびにいつ抜け出せるのか分からないままダイエットを続けることになるので、モチベーションが維持できなくなってしまいます。

 

停滞期を抜け出すためにチートデイは必要?

f:id:ancomna:20210126004608p:plain

以上のように、ダイエットをする上で、停滞期は必ずと言っていいほどやってきます。

 

この停滞期からできるだけ早く抜け出せればモチベーションも維持できますし、短期間で痩せることができます。

 

そこで巷で行われている方法が、「チートデイ」です。

 

チートデイとは、停滞期中に1日だけダイエットをやめてたくさんの食事を取ることです。

 

糖質制限しているなら、その制限もやめて糖質もたくさん食べます。

 

そうすることで体に飢餓状態ではないと認識させ、省エネモードのスイッチを切ってしまおうという方法です。

 

今まで食べたいものをグッと我慢してダイエットをしてきた身としては、非常に魅力的な解決方法ですよね。

 

ただし、やみくもに好きなものだけを食べればいいということではないようです。

 

チートデイを行う場合、摂取カロリーを計算する必要があるんだとか。

 

主な計算方法は、

 

  • 体重×40kcal~50kcal
  • 1日あたりの基礎代謝量×2.5

 

などが挙げられます。

 

少なすぎても省エネモードを切ることはできませんし、多すぎたら太ってしまいます。

 

それに、チートデイは1日だけです。

 

翌日からはまたダイエット生活に戻さなければなりません。

 

1日だけ好きに食べてしまったら、翌日以降も切り替えられずダラダラと食事を続けてしまいそうという不安もあります。

 

私はこれが一番怖かったです。

 

1ヶ月がんばってダイエットしたのに、元の食生活に戻ってしまうのではないか?

 

そう考えると、すぐにチートデイを行ってみようとは思えませんでした。

 

ズボラですから、基本的に無理はしたくないんです。

 

だからせっかく今の食生活に慣れたのに、元に戻したらきっとダイエットをやめてしまうと思いました。

 

なので、停滞期が1ヶ月続いても終わらないならチートデイを行おうと決めていました。

 

結果、チートデイを行わなくても停滞期を抜け出すことができそうです。

 

停滞期は何もしなくてもOK!

f:id:ancomna:20210126004615p:plain

停滞期を早く抜け出すには、チートデイを取り入れたり、運動を始めたりすると良いということはよく聞かれますが、これはマストではありません。

 

少しでも早く抜け出したいならやってみる価値は十分あります。

 

しかし、失敗した時の不安が大きい人や、ダイエットが続かなくなってしまう可能性がある人は、無理に何かを始めなくても停滞期は抜け出せます

 

解説した通り、停滞期は体に元から備わっている機能の問題です。

 

ずっと同じペースの食事を心がけていれば、体はそれが普通だと認識するようになります。

 

変に食事を減らしてしまえばますます生命を維持するために省エネモードに入ってしまう可能性もあるでしょう。

 

したがって、停滞期を無理なく自然に過ごすには、「何もせず現状維持」が一番楽!という結果に辿りつきました。

もし、いくら待っても停滞期を抜け出すことができなかったら、そのときはチートデイや運動などを取り入れてみるのは非常に効果的だと思います。

 

私も、また1週間くらい様子を見ても変化がないようならそのときはチートデイに挑戦してみたいと思います。

 

停滞期に突入したと感じたら、まずは2週間様子を見てみましょう。

 

ズボラな糖質制限ダイエットの続きはコチラからご覧ください

mikkabouzu-zakki-blog.hatenablog.com